今知りたいことある?

芸能、スポーツ、事件、事故 知りたいことまとめ

「監察医 朝顔」あなたなら観る?観ない?あらすじ、キャスト、原作を調べてみた結果…

月曜9時から重そうなドラマですが…

2019年7月8日夜9時からスタートするのが
フジテレビのテレビドラマ「監察医 朝顔」です。
上野樹里さんと時任三郎さんが共演されるドラマで
法医学者と刑事という異色の父娘が描かれるそうです。

「監察医」と言うと昨年TBS系ドラマで石原さとみさんが
主演された「アンナチュラル」や「科捜研の女」を思い出します。
海外ドラマだと「BONES」とか。
いずれにせよ、監察医というのは人の死を扱う仕事ですから
なんだか重たそうなドラマですよね。

月曜の夜から重たい気分になるドラマはちょっとな~…。
でもその重たそうな「監察医」にくっついているのが
「朝顔」という爽やかな印象の言葉。

重苦しいドラマになるのか?
しっかり作り込まれたサスペンスドラマになるのか?
それともどこか爽やかなドラマになるのでしょうか?
とっても気になりますね~!

そこで今回は新ドラマ「監察医 朝顔」についてアレコレ調べてみました。
観ようかどうか迷っている方はチェックしてみて下さいね。


「監察医 朝顔」あらすじ。“死”をテーマにしたドラマ?

上野樹里さん演じる万木朝顔(まき・あさがお)は
神奈川県にある大学の法医学教室に勤める新米法医学者です。
若いながらも周囲から一目置かれるほどに優秀な技量と知識を持っています。
人柄も温厚で実直で愛情深く心優しいという人物。
しかし、朝顔には母親を東北大震災で亡くし
今尚、遺体が見つかっていないという過去を抱えています。

法医学では12個のいずれかの死因を死体検案書に書き込むのですが
朝顔は12番目の死因<死因が分からない不詳の死>にはしないという
ゆるぎない信念を持っています。

朝顔の父親は時任三郎さん演じる万木平(まき・たいら)です。
平は朝顔を育てただけあって真っ直ぐな人物ですが
更に輪をかけて真面目な性格です。
どんな些細なことでも1%でも手がかりになるなら調べ上げ
諦めずに聞き込みを続けるベテラン刑事です。

二人は誰よりも真摯に遺体に向き合い、生きた証を探し
時に犯罪を見破り、時に遺族の哀しみを癒やすのです。

基本的には一話完結の話なのでしょう。
事件や災害、不審死などで朝顔の元に遺体が運ばれてきて
それを解剖することで謎を解き明かす医療ミステリと思えば間違いないと思います。

公式サイトによると「法医学者と刑事という異色の父娘が誕生!」
「この夏一番の感動作!!」と書かれていることから
ミステリー/ホラー色が強い作品というよりは
死を描くことで、自分を見つめ直すことができる
ハートフルな作品という感じなのでしょうか?


「監察医 朝顔」のキャスト。時任三郎、上野樹里。嫌いじゃないです

●主なキャスト●
万木朝顔(上野樹里)
…興雲大学の法医学教室に勤務する新米の監察医
万木平(時任三郎)
 …朝顔の父親。堅物な性格のベテラン刑事
桑原真也(風間俊介)
 …強行犯係の新米刑事
  正義感が強く謙虚な好青年で交番勤務時代から朝顔と交際している
安岡光子(志田未来)
 …アルバイトの法医学助手(2話目以降から登場)
  周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする
高橋涼介(中尾明慶)
 …抜群の腕を持つ臨床検査技師
  並の法医学者よりも豊かな知見がある
森本琢磨(森本慎太郎)
 …強行犯係刑事
   桑原より若く年下ながら経験が多い
愛川江梨花(坂ノ上茜)
 …強行犯係新米刑事
山倉伸彦(戸次重幸)
 …成果主義社の強行犯係の係長
藤堂絵美(平岩紙)
 …法歯学者/雅史の妻
  竹を割ったような性格
伊東純(三宅弘城)
 …優秀で職人気質の検視官
藤堂雅史(板尾創路)
 …ベテラン法医学者/絵美の夫
  優柔不断な性格で妻の尻に敷かれている
嶋田浩之(柄本明)
 …朝顔の母方の祖父
  東日本大震災以来より寡黙な性格に
夏目茶子(山口智子)
…法医学教室の主任教授

上野樹里さんがフジテレビの月9を主演されるのは
「のだめカンタービレ」以来です。
そしてその上野樹里さんを支えるのが時任三郎さん。
この二人は初共演ということですが、父娘として並んだ時
すごくしっくり来る二人だな~と思いました。
なかなか良いキャスティングなのではないでしょうか?

また注目を集めているのが「ロングバケーション」から
23年ぶりに月9に出演される山口智子さんですね。
今回役柄に合わせてバッサリと髪を切った姿を披露して
既に話題になっています。


「監察医 朝顔」原作の評判を調査!

ドラマの原作は漫画「監察医 朝顔」です。
この漫画は実業之日本社が出版していた『週刊漫画サンデー』で
2006年に連載が開始された作品です。
残念ながら途中2012年で同誌が休刊になってしまい
それ以降は電子版で連載が続けられていました。
2013年に30巻で連載を終了しています。

原作の評価はどんな感じなのかな?
とAmazonをチェックしてみたところ、レビューがほとんどありませんでした。
あまり知名度の高い漫画ではないのでしょうか?
キンドル版は無料で読み放題となっていましたので
会員の方で気になる方は読んでみると良いかもしれません。

「待つと無料で読めるスキマ」でも第一話が無料公開されていました。
さらっと1話と2話を読んで見ましたが、なかなか癖のある絵柄というか
歴史を感じさせる漫画でしたね。

時任三郎さんが演じる平という役がイメージ違いすぎでびっくりしましたが
上野樹里さんのお父さん役ですからね~。
流石に遺伝子を無視することはできなかったのかな?と思いました。

漫画としての評価はあまり高くないようです。
先にも描いたように、絵柄が人を選ぶ感じなので若い方にはちょっと
とっつきにくいかな~という印象です。

でも物語自体は一般的な刑事物と違って人情を重視している感じの展開で
これはアリだな、と思いましたよ。
逆にあまり知名度の高くない作品を持ってきたことで
自由にドラマが作れるのかもしれませんね。
キャストのイメージが違う~なんて言われる心配もあまりありませんし(笑)


脚本の根本ノンジさんってどんな人?過去作品は?

ドラマの当たり・外れを左右するのが脚本ですよね。
残念ながら、脚本でぶち壊しにされたドラマも今まで結構あります。

今回「監察医 朝顔」の脚本を手がけるのが根本ノンジさんという方です。
調べてみたところ、ベテランの脚本家&構成作家さんのようですね。

「有吉ゼミ」や「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」
と言ったバラエティ番組から「スッキリ!!」のような情報番組など
幅広い構成を手がけていました。

ドラマでは石原さとみさん主演の「5→9〜私に恋したお坊さん〜」や
「犬神家の一族」などを手がけています。

脚本に期待できるかな~と思ったのは、相棒シリーズも手がけている点ですね。
全部のシリーズではなくシーズン17の3話のようですが
刑事ドラマでも実績を積んでいることから、今回の脚本に選ばれたのではないでしょうか?

実力のある方のようなので
少なくとも脚本でドラマが駄目になるってことはなさそうな感じかな~と思いました。
俳優さんの良いところ、物語の良いところを引き出してくれそうですね。


「監察医 朝顔」あなたなら観る?観ない?

個人的にはタイミングが合えば見るかも~~って感じですかね。
一話完結なので、気軽にチャレンジできるっていうのは魅力ですよね。
月9の時間帯って忙しいので、ついついバタバタしてしまいがちです。
録画してまで絶対見る!!って感じではないけど
時間がポンと空いてたら前回を見逃しても内容理解できるっていうのは
大きいかな~って思いました(笑)

ただ、主人公が東北大震災で母を亡くしており
フジテレビが初めてそれに向き合ったドラマを撮影するということで
賛否あるかなぁというのが正直なところです。
(原作では阪神・淡路大震災で母親を亡くしたというのが
東北大震災と変更されています。)

東北大震災はの傷は深いものがありますし
色々思うとろころがある方は様子を見たほうがいいかもしれませんね。