今知りたいことある?

芸能、スポーツ、事件、事故 知りたいことまとめ

「ボイス 110緊急指令室」って面白いの?あらすじ、キャスト、原作から推測してみよう。

なんだかよくありそうなドラマですが果たして…

「ボイス 110緊急指令室」は2019年7月13日にスタートする
日テレの新土曜ドラマ(22時~)です。
主演は唐沢寿明さんと真木よう子さんの二人です。

妻を殺された敏腕刑事(唐沢寿明さん)と
父を殺された声紋分析感(真木よう子さん)が通報電話の声から
助けを求める人々を救うという物語です。

よくありそう、と言えばよくありそうなドラマですよね。
警察物デス。
事件が起こって、それを刑事が解決するという一話完結型のドラマです。

同じく7月にスタートするドラマに「監察医 朝顔」があるのですが
こちらも刑事物なので、どれくらい差が出せるか、というのが気になりますね。
設定がちょっと目新しい、というだけにならなければ良いのでしょうが
「過去を持つ登場人物」など、ちょっと設定がありがちすぎるのが気になるところです。
それでは詳しく見ていきましょう。


「ボイス 110緊急指令室」のあらすじ。敵を一網打尽の本格アクション…らしいです笑

3年前、女性が暴漢に襲われます。
それは樋口彰吾(唐沢寿明)の妻でした。
妻は殺害される直前、夫である彰吾に助けを求める電話をかけますが
彰吾は勤務中で電話に気付きませんでした。

その後、通報の電話を受けたのが緊急司令室に勤める橘ひかり(真木よう子)でした。
電話口の向こうで彰吾の妻は無残にも撲殺されてしまいます。
しかもその暴漢は現場付近を巡回していた警官、ひかりの父親も撲殺します。
彰吾もひかりも二人共大切な人を助けられなかったと失意と悔しさを抱えることになります。

月日が経過し、ひかりは緊急指令室の室長に就任し
独自の捜査チームECU(Emergency Call Unit)を新設します。
港東署ECU緊急出動班・班長に就任したのが彰吾です。

緊急指令質には事件現場から通報が入ります。
通報を受けてから『3分で現場到着、5分で現場確認
10分で検挙』というのが被害者の生死をわける
「クライシスタイム」なのだそうです。

そんなクライシスタイムの内に助けを求める人を救うために
捜査に挑むのがECU(Emergency Call Unit)なのです。

鋭い勘と行動力を持つ元敏腕刑事と
幼少期に事故で目をケガしたことにより非常に鋭い聴覚を持つ
ボイスプロファイラーが事件解決に挑む本格サスペンスアクションが
「ボイス 110緊急指令室」です。

また同時に主人公たちの家族を殺した連続殺人犯を突き止めるという
壮大な復讐劇でもあるドラマです。


「ボイス 110緊急指令室」キャスト。出た~迷走女優の真木よう子

「ボイス 110緊急指令室」の主なキャストは次の通りです。

樋口彰吾(唐沢寿明)/妻を殺された敏腕刑事
橘ひかり(真木よう子)/父を殺された声紋分析官
石川透(増田貴久)/樋口を慕う若手敏腕刑事
沖原隆志(木村祐一)/樋口の同期で元相棒のベテラン刑事
森下栞(石橋菜津美)/県警本部通訳センター職員で語学が堪能
緒方拓海(田村健太郎)/ホワイトハッカーで情報分析のプロ
落合智明(安井順平)/元科捜研のECU副室長
田所賢一(小市慢太郎)/港東警察署・署長
森下葵(矢作穂香)/森下栞の妹で明るく奔放な性格
森下志津(YOU)/港東署刑事が行きつけの居酒屋店主
樋口未希(菊池桃子)/樋口彰吾の妻

最も気になるのは迷走女優とも言われる主演の真木よう子さんですね~。
コミケ問題で非難殺到しただけではなく
フジテレビ「セシルのもくろみ」では平均視聴率3%という
ありえない数字が逆に話題になったほど……。
映画を降板したりと何かと(悪い方で)話題になる女優さんなので
ちょーーっと大丈夫なんだろうか~~……という気はします。
個人的には嫌いな女優さんでは全くないんですけどね。
ただ世間的な注目度がイマイチな女優さんなので
今回のドラマに対する評価も厳しいものになるのかな……という予想です。

あと気になったのが7月スタートのドラマで
放送曜日が違うとは言え同じ警察一話完結物である「監察医 朝顔」には
唐沢寿明さんの奥さんである山口智子さんが出演されるんですよね。
いわばライバル的なドラマに夫婦がそれぞれ出演されるって気になりますね。


「ボイス 110緊急指令室」の原作って漫画なの?

「ボイス 110緊急指令室」の原作は韓国でシリーズ化されている
人気ドラマなんだそうです。

・シーズン1/2017年1月14日から3月12日まで全16回
・シーズン2/2018年8月11日から9月16日まで全12回
・シーズン3/2019年5月11日から放送中

今回の「ボイス 110緊急指令室」は韓国ドラマのリメイクで
原作はなし、ドラマのオリジナル脚本のようです。

シーズン1の主演はチャン・ヒョクさんという方。
韓国の俳優さんには明るくないのですが韓国では人気の俳優さんらしく
お写真を拝見しましたが渋いイケメンという感じです。
唐沢寿明さんよりも若いですね。

シーズンが3つも作られているということは
脚本は相当面白く作られているということですよね。
なので「ボイス 110緊急指令室」も物語としては完成度が高いのでは?
と期待できそうです。

本家ドラマの方ではサイコパスやシリアルキラーなども登場する
本格サスペンスドラマで残酷なシーンも結構多いとか。
アクションシーンも派手だそうです。

本家の方はAmazonプライムで配信されているそうなので
気になる方は両方見て比較してみるのも良さそうですね。

日本のドラマになったとき、どこまで再現されるのか?
どこまで日本流にアレンジされるのか?
というのが気になるところですね。
すでに原作を視聴していてファンという方にとっても
ここはすごく気になるところだと思います。


脚本の浜田秀哉さんってどんな人?過去作品は?

「ボイス 110緊急指令室」の脚本を担当されるのは
浜田秀哉さんという方です。

2018年 フジテレビ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」を
担当していたということで刑事物は初めてではないようですね。
2017年にはテレビ朝日で相棒のシーズン16でも2話分の脚本を担当されています。
また注目なのが「シン・ゴジラ」も企画協力しているという点です。

「絶対零度」は高視聴率連発の作品で
平均視聴率が10.8%とかなり高評価だった作品です。
このうち、シーズン1で3話、シーズン2で5話を担当し
シーズン3では6話、しかも初回と最終回を担当する実力派です。

他にも医龍4、ナオミとカナコ、Chef ~三ツ星の給食~、プラチナデータなどなど
人気作品を多く手がけているので
脚本でトチることはまずなさそうですね。


「ボイス 110緊急指令室」って面白いの?

個人的にはかなり期待できそうかな~と思っています。
物語は相当人気作品のリメイクということもあって
ストーリーはかなりしっかりしているようです。
加えて脚本家も実力派と折り紙付きの方が担当される。
これで大ゴケする可能性はかなり低いのではないでしょうか?

唯一気になるのが主演の真木よう子さんでしょうね。
演技が下手だと言われることも多いので。

あとは原作ファンの期待をどれだけ裏切らずにいられるかというのが
大きなポイントになるかな、と思います。
原作が人気だけにどうしても原作派の人のハードルは上がってしまいます。

私含めて、特に原作を見てないという方なら
かなり期待しても大丈夫そうかな、と思っています。