今知りたいことある?

芸能、スポーツ、事件、事故 知りたいことまとめ

「偽装不倫」はイマイチドラマなのか?あらすじ、キャスト、原作からその可能性を調査

コメディなの?シリアスなの?

2019年7月10日(水)10時~日テレでスタートするのが
東村アキコさん原作、杏主演の「偽装不倫」というドラマです。

32歳独身女性が思わず既婚者と嘘をついたことで
イケメンとの恋愛が始まるという物語です。
公式サイトによるとちょっとこじれた大人のピュア(?)ラブストーリー
ということですが、基本はコメディ寄りの作品なのでしょうね。

それにしてもゼクシィですら「結婚しなくても幸せになれるこの時代に…」と言い
それが大絶賛されるこのご時勢に、婚活に焦る女性。
芸能人が不倫したと言っては大バッシングされる時代に
不倫をテーマにした作品というのは中々ハイリスクな感じですね。

不倫に関しては憧れどころか嫌悪感しかないので
登場人物が当たり前に不倫をしているというのは
ちょっと設定として受け入れがたいものがあります。
私と同じように拒否感が強い人も多いと思うので
そのあたりをどう描くのか?世間にどう受け止められるのか?
というのが気になるところですね。


「偽装不倫」のあらすじ。誰向けのドラマなの???

まずはざっくりとしたあらすじです。

主人公は杏が演じる濱鐘子(はましょうこ)です。
彼女は32歳で独身、派遣社員で実家ぐらし。
いわゆるパラサイトシングルというやつです。
29歳から3年間婚活に励むも報われません。

そんな鐘子と二世帯住宅で同居しているのが仲間由紀恵演じる
姉の葉子(ようこ)です。
葉子は一見地味なキャリアウーマンですが
堅実で非の打ちどころがない夫・賢治(けんじ)と結婚しています。

上手くいかない婚活をやめることにした鐘子は一人旅にでます。
その時、葉子に借りたワンピースを借りたのですが
なぜかポケットに結婚指輪が入っていました。

鐘子は姉の大事なものである結婚指輪をうっかり落としてしまいます。
そんな指輪を拾ったのが年下のイケメン男性でした。
イケメン男性との会話に動揺した鐘子はとっさに既婚者のふりをしてしまいます。

その後二人で食事をすることになるのですが
イケメン男性から「僕と不倫しませんか?」と誘われてしまうのです。

……うーーーーん。
誰向けのドラマなんでしょうね。
しいていうなら、婚活が上手く行っていない独身女性なのかな……?

「不倫しませんか?」なんてめっちゃ都合の良い女扱いされたら
普通は腹が立つと思うんですけど……?
それで恋が始まるというのも良くわからない設定です。

既婚と嘘をついたことで恋のチャンスがやってくる……?
既婚だから単純にあっさり遊べそうと思われただけなのでは……?
それは「恋」なのか?アバンチュールなのでは?と思うのですが
どうなんでしょう?(苦笑)


「偽装不倫」のキャスト。やや心配な男優陣…

「偽装不倫」の主なかキャストは次の通りです。

濱鐘子(杏)/32歳・独身・婚活に疲れた派遣社員
伴野丈(宮沢氷魚)/25歳・フリーのカメラマン
吉沢葉子(仲間由紀恵)/32歳・堅物のキャリアウーマン・年下の男と絶賛不倫中
吉沢賢治(谷原章介)/41歳・葉子の夫・長身イケメンの商社マン
八神風太(瀬戸利樹)/23歳・葉子の不倫相手・プロボクサー
濱みきこ(朝加真由美)/鐘子と葉子の母
濱幸一(伊沢弘)/鐘子と葉子の父・嘱託の銀行員
伴野灯里(MEGUMI)/丈の姉・スペイン料理屋を経営
高野恵梨香(夏子)/スペイン料理屋のアルバイト
山田まさ子(田中道子)/鐘子の親友・派遣社員

キャストを見ると女性は実力派が揃っていますね。
杏さんも仲間由紀恵さんも演技力ある女優さんですし
この二人がガッツリ手綱を握るなら女性陣は大丈夫そうかな~と思います。

ただ、やや心配なのが男性陣ですね。
私が若手男性俳優に明るくないというのもあるんでしょうが
谷原章介さん以外、知りませんでした……。

宮沢氷魚さんも瀬戸利樹さんも知りません。
調べてみたところ、宮沢氷魚さんはTHE BOOMのボーカル。宮沢和史さんで
普段はモデルを中心にされている方のようです。
2年ほど前からちょこちょこドラマとかには出演されているみたいですね。

瀬戸利樹さんは若手俳優のようです。
こちらもちょこちょこドラマ等に出られているようです。
まだ若く経験が乏しい二人が年上の女性を相手にどう演技するのか?
心配なところではあります。


「偽装不倫」原作の評判を調査!

「偽装不倫」の原作は人気漫画家・東村アキコさんが手がけています。
大ヒット作品「タラレバ娘」はドラマ化もされましたよね。
そんな彼女の描く作品ですが……Amazonのレビューを見ると
賛否両論という感じですね。
最も多い評価が星2つでした。
人気漫画家の作品としては異例の低評価と言えるかもしれません。

登場人物がアラサー独身でパラサイトシングル、韓国好きというのが
明らかにマーケットを意識しすぎていると書かれていました。
ちなみに原作では伴野丈ではなくジョバンヒという韓国人男性で
日韓同時連作という作品だったようです。

やっぱりテーマが難しいんでしょうね。
不倫を持ちかける年下イケメンって、正直設定として怪しすぎて
ここから180度大逆転でピュアなラブストーリーに持っていくって
相当難しいですよ。
不倫は相当叩かれる世の中なので
タイトルから敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。

今どき韓流というのもちょっと古い感じですし
駄目女子と都合のいい年下イケメンというのも設定が二番煎じ。
東村アキコさんでもかなり厳しい評価となっているようですね。

こちらの作品はLINEマンガで無料連載されています。
原作を読んでみたいなという方は無料で読めるみたいですよ。
書籍もWEB連載版に合わせてオールカラーです。


脚本の衛藤 凛さんってどんな人?過去作品は?

脚本を担当されるのは衛藤 凛さんという女性です。
作風が宮藤官九郎に似ていることから女クドカンと呼ばれているとか。

主にラブコメディに定評のある脚本家さんのようで
代表作は「のだめカンタービレ」です。
2006年のフジテレビドラマ「のだめカンタービレ」から
映画「のだめカンタービレ」も脚本を担当されています。

「のだめカンタービレ」はかなり大ヒットしたドラマで
脚本も評判が良かったので、実力は確かなようです。

他には「サバイバル・ウェディング」「バックダンサーズ!」
「東京フレンズ」などで脚本を担当されているようですね。
手がけた作品の数はそれほど多くないものの
ラブストーリーは得意分野のようなので
「偽装不倫」も原作の良さを活かしつつ適度なアレンジが
加えられるのではないでしょうか。


「偽装不倫」はイマイチドラマなのか?

「偽装不倫」に期待できるかというと
総合評価としては、あまり期待できない、という感じですね。

杏さんといえば「花咲舞が黙ってない」が同じく日テレで高評価でしたが
今回は同じだけの視聴率は期待できそうにないかなと思います。
あちらは池井戸潤の原作が良かったことや
分かりやすい勧善懲悪物で老若男女が楽しめる作品でした。

今回は恋に疲れたアラサー女子をターゲットにしているようですが
逆に言えばターゲットが限定されていてニッチな作品ということです。
そこから更に原作の評価もあまり高くないことや
既婚者が嫌悪しやすい不倫を礼賛するような内容ということもあって
万人受けする作品とは言い難いですね。
どうしても好き嫌いがはっきり分かれる作品になりそうだなという印象です。