今知りたいことある?

芸能、スポーツ、事件、事故 知りたいことまとめ

テレ東「アイターン」の評判ってどうなの?あらすじ、キャスト、原作からわかったこと

テレビ東京のニオイがプンプンする

2019年7月12日(金) 深夜0時12分からスタートする
「アイターン」というドラマについて調べてみました。

ムロツヨシさんに古田新太さんがダブル主演するというドラマで
相変わらずの独自路線を走るようです。
まさにテレ東のニオイがプンプンする配役です。

テレビ東京が毎回この深夜帯に放送しているドラマは
「勇者ヨシヒコ」シリーズや「モテキ」「マジすか学園」「孤独のグルメ」と
ニッチな作品を次々に生み出し、高視聴率を叩き出している枠です。

他のドラマ枠が事件解決物やリメイク作品などオーソドックスな
ドラマを作っているのに対して、毎回異色の作品が作られています。

今回の「アイターン」も他のドラマ枠ではない
ユニークな作品が期待できるのではないでしょうか?
かなり気になりますね。

そもそもムロツヨシさんと古田新太さんという個性もアクも強い役者さんを
ダブル主演というだけで面白い作品になるのは確定路線って感じですよね。


「アイターン」のあらすじ。広告マンとヤクザの危険な二重生活

まずは「アイターン」がどんなドラマなのか?
あらすじから見ていきましょう。

ムロツヨシさん演じる狛江光雄は中堅広告代理店で働く
どこにでもいるような平凡なサラリーマンです。
ある日、光雄はリストラ対象になり転勤を命じられます。
妻と娘を東京に残し光雄は単身赴任することに。
その赴任先はなんとヤクザがすべてを牛耳る恐ろしい町だったのです。

光雄が飛ばされた先は社員が2名という貧弱支店でした。
そして会社から業績を上げなければ解雇すると言われてしまうのです。
家のローンに娘の進学費用とお金は必要です。
家族を養うためにも会社を首になる訳にはいかない光雄は
なんとか業績をあげようと一生懸命に頑張ります。

業績を上げるために光雄は馴れ合い業者の見直しを行い
本社仕込みの営業手腕で新規顧客の獲得に奔走します。

しかし業績を上げようと奮闘するうちに古田新太演じる岩切猛など
ヤクザと関係を持つようになってしまうのです。
光雄はヤクザたちに借金を背負わされてしまいます。
しかも岩切に舎弟にされてしまい、借金の返済を催促されることになるのです。

対立する二大ヤクザに睨まれ、なんとか状況を改善しようとすればするほど
光雄は泥沼の状況に突っ込んで行きます。
不幸に陥る冴えない中年のサラリーマンが一体どうやって
この状況を乗り切るのでしょうか?

原作は巻き込まれ型のアウトロードラマのようですが
ムロツヨシさんと古川新太さんという二人なので
基本は二人の掛け合いがメインのコメディ色の強い作品になりそうですね。


「アイターン」のキャストはおっさん3人

狛江光雄(ムロツヨシ)
…中堅広告代理店勤務のサラリーマン
 リストラ対象となりヤクザだらけの修羅の町で単身赴任することになる
岩切猛(古田新太)
…最果ての町を牛耳る二大やくざのうちの一つ岩切組の組長
 昔気質の性格
竜崎剣司(田中圭)
…最果ての町を牛耳る二大やくざのうちの一つ竜崎組の若き組長
サラ金「ドラゴンファイナンス」の社長で冷徹なインテリヤクザ
柳直樹(渡辺大知)
…宣告社阿修羅支店・営業担当
 やる気がなく定時退社が当たり前
吉村美月(鈴木愛理)
…宣告社阿修羅支店・事務員
 仕事も恋も興味がないマイペースな性格
桜井勇一(毎熊克哉)
…岩切組の組員
西尾誠次(塚原大助)
…岩切組の組員
牛窪克弥(菊池均也)
…岩切組の組員
伊丹義三(森羅万象)
…岩切組の組員
神野晃(般若)
…竜崎組の組員
黒田啓二(田本清嵐)
…竜崎組の組員
麗香(黒木瞳)
…タロット占いができるスナックのママ
高峰博之(相島一之)
…東京本社部長
土沼昭吉(笹野高史)
…土沼印刷の社長
城島豊(河原雅彦)
…阿修羅警察署刑事

田中圭が冷酷なインテリヤクザ役というのが少し驚きですね。
彼は柔和な笑顔がトレードマークという印象の俳優さんで
優しい雰囲気を持っているので、印象がガラリと変わった役柄ですよね。

またそんな田中圭さんのそばに控えるのが
ラッパーとして絶大な人気を誇る般若さんです。
鬼の形相で睨みを効かせる役ということで
こちらはかなりハマり役になりそうです。


「アイターン」の原作って漫画?小説?

「アイターン」の原作は福澤徹三さんの小説「Iターン」です。

福澤徹三さんは「侠飯シリーズ」など多くの作品を手がける
ミステリー・ホラー作家さんです。

あらすじをざっと見るとおおよそはドラマと同じようですが
そこまでコメディ色が強い作品ではないようですね。
どちらかというとスカッとするエンタメ作品という感じでしょうか?

ただ気になるのが「鉄拳の雨と禁断のレバ刺し、爆弾を抱えた
ダイ・ハードな日常」と書かれていました。

鉄拳の雨はなんとなく想像できるのですが
禁断のレバ刺しとは?爆弾を抱えるとは?
ドラマでも登場するのでしょうか?

Amazonレビューでも読書メーターでも高評価のエンタメ作品で
面白いと絶賛されていますね。
人気の作品ということで「Iターン2」も出版されています。

ただ2の方は今回ドラマ化では触れられないようです。
今回のシーズンが高視聴率だった場合には2も制作されるかもしれませんね。

また「Iターン」はモーニングでもコミカライズされています。
作者は大槻閑人さんです。
モーニングの公式サイトで第一話が無料公開されていました。

読んでみましたが、非常に不運なサラリーマンではありますが
コメディ色はあまり出ていませんでした。
コメディ要素が強くなるのはドラマ版限定のようですね。


脚本の内田英治さんってどんな人?過去作品は?

今回「アイターン」の脚本を担当される
内田英治さんについても調べてみました。

脚本家としては映画の仕事がメインのようです。
ドラマ版は今までに3本、脚本を手がけていますが
最後の脚本は2014年となっています。
残念ながら私が知っている作品は一つもありませんでした。

先日まで放送されていた「きのう何食べた?」の脚本は
安達奈緒子さんというベテラン脚本家でした。
『失恋ショコラティエ』『ひるなかの流星』『コード・ブルー』など
数多くの有名作品を手がけています。

その前の「フルーツ宅配便」の脚本家は根本ノンジさんという方で
こちらも中堅の脚本家さんという感じです。

そんな中であまり実績があるとは言えない内田英治さんが
起用されたというのは大抜擢なのかもしれませんね。

ムロツヨシさんと古田新太さんというコメディでは鉄板のキャストが
どうやって描かれるのでしょうか?
脚本の評価は未知数という感じでしょうか?
今回が大ヒットすれば一気に人気の脚本家になられるかもしれませんね。


テレ東「アイターン」の評判ってどうなの?

テレ東「アイターン」はかなり注目度の高い作品のようです。
TwitterなどのSNSでも「テイザーだけでも面白い」
「キャストを見ただけでも白い」「面白い要素しかない」と話題になっています。
個人的にも2019年7月スタートのドラマの中では
最も見たい作品だなと思っています。

テレ東の深夜枠ドラマは放送されない地域も少なくないのですが
これだけ話題にのぼるということはカナリの注目度ですよね。

見れない地域の方はNetflixやAmazonプライムビデオと
提携配信するのを待ってみて下さいね。
今までのドラマも後日配信サービスで見ることができるようになっているので
今回リアルタイムで見られなかった人も見れる可能性が高いですよ。